竹富町立 船浦中学校
907-1541  沖縄県八重山郡竹富町字上原870番地
電話:0980-85-6554  FAX0980-85-6010

E-mail funaura.school.main@town-taketomi-okinawa.com 

 

訪問者数

あなたは35506人目です。

八重山毎日新聞

  • 西表で動物診療開始 どうぶつたちの病院
  • 崎枝の宝物―山・川・里・海と地域誌 刊行
  • GW期間中に感染か 石垣市内で新たに6人
  • 廃プラごみの混焼試験へ 12日から、焼却炉改修に反映
  • 100校超え、予約が好調 カギ握るワクチン普及

学校経営方針

<学校経営の基本>
 教育基本法では「21世紀を切り拓く心豊かでたくましい日本人の育成と、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身共に健康な国民の育成」を教育の目的としている。本校はその教育基本法や学校教育法、その他の法令に従い、沖縄県教育委員会及び竹富町教育委員会の教育目標・主要施策を基盤として、本校の教育目標達成のため組織的・機動的な学校経営を行う。
 
 
1 教育目標
 本校の教育目標は、本校の生徒の実態と学校や保護者、地域の願い、さらに国の教育施策や沖縄県、竹富町の教育施策・目標を受け、本校生徒の未来像として定めている。したがって、現実性と未来性が含まれており、単に結果だけでなく、目標に向かって努力する過程を一層重視しながら、「知・徳・体」の調和のとれた人間の育成を期するために定めたものである。
 
 ○ 自ら学び、考え、実践する生徒       (知育)
 ○ 心豊かで、自他を尊び、思いやりのある生徒 (徳育)
 ○ 健康で、根気強く、たくましい生徒     (体育)
 
 
【目指す生徒像】
 ①自ら課題を見つけ、学び、考え、主体的に判断し、行動できる生徒
 ②人権を尊重し、他者への思いやりや感謝の心をもち、誠実に生きる生徒
 ③進んで体を鍛え、健康安全に心がけ、根気強く最後までやり抜く生徒
 ④地域を愛し、地域に誇りを持ち、地域のよさを探求し、地域を拓く活力ある生徒
 
 
【目指す学校像】
 ①目標を持ち、共に学び合い、目標に向かって共に努力することができる学校
 ②人権感覚や規範意識の風土が育ち、信頼と絆で結ばれ、笑顔があふれる学校
 ③学習環境が整備され、潤いと規律があり、活気に溢れる学校
 ④保護者や地域から信頼され、地域と共に創る地域に開かれた学校
 
 
【目指す教師像】
 ①教師としての自覚と誇りを持ち、常に自己研鑽を怠らない教師
 ②愛情を持って生徒に向き合い、資質・能力を最大限に引き出し・伸ばす教師
 ③協調性に富み、厳しさと優しさを兼ね備え、生徒の模範となる教師
 ④保護者や地域の信頼・ニーズに十分応えることができる教師
 
 
【目指す家庭・地域像】
 ①基本的な生活習慣の要となる「しつけ」のできる家庭・地域
 ②生徒と共に学び合う家庭・地域
 ③地域の子どもは地域・家庭で育てる家庭・地域
 ④郷土の文化・自然を愛し育てる家庭・地域
 
 
2 校 訓   「自主」 「親愛」 「努力」
 校章にあるペンとクワは「努力」の精神を象徴し、校訓の「自主」「親愛」「努力」を示している。また、6角形は校区の5集落と学校を合わせた6からきており、地域と学校が手を取り合うという「親愛」の精神を示している。さらに、この「努力」と「親愛」が融合して「自主」の精神を表しているということである。
昭和27年3月30日制定 作者 半嶺當吉(当時の上原小中学校長)
 
 
3 目標を達成するための基本方針
 新学習指導要領の趣旨を踏まえ、学校の果たす役割、教師の使命を自覚し、「新しい時代に必要となる資質・能力を育み、可能性を最大限に伸ばすこと」、「全ての生徒が卒業後に島を離れ、社会に出て行くこと(島立ち)を念頭に、生徒一人一人が社会的に自立(自律)し、心身共にたくましく社会を生き抜く力を育成すること」を目指し、本校の基本的な教育活動を推進していく。
 具体的には、
 (1) すべての教育活動において、卒業後に島を離れる「島立ち」と「自立・自律」を意識した教育活動を展開する。
 (2) 生徒一人一人に学ぶ楽しさや喜びを持たせるため、各教科等において、基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させ、それらを活用して課題を解決する思考力・判断力・表現力等を育成する。
 (3) 自他を尊重し、思いやりの心を育むとともに、規範意識を醸成するため、道徳科や特別活動、総合的な学習の時間を基軸に豊かな心を育成する。
 (4) 心身共に健康な生徒を育むため、運動部活動や文化的活動、健康安全及び「食」に関する指導の充実を図り、たくましい体を育成する。
 (5) 地域(ふるさと)を愛し、地域(ふるさと)に誇りを持つ生徒を育むとともに、地域(ふるさと)から学ぶ「ふるさと学習」の充実を図り、地域(ふるさと)を拓く生徒を育成する。
 (6) 「特色ある教育」を推進するため、学校課題を明確にするとともに、職員と保護者や地域が協働し、マネジメントサイクル(計画・実施・評価・改善)を活かした創意ある教育活動を展開する。
 (7) 「地域とともにある学校」、「開かれた学校」を目指し、地域や保護者の願いを学校運営に反映させるとともに、安全安心な学校づくりに努める。
 
 
4 本年度の教育の重点
 ◎学校教育において育成すべき資質・能力の育成
 (1) 生きて働く知識・技能の習得
 (2) 思考力・判断力・表現力等の育成
 (3) 学びに向かう力・人間性等の涵養
 (4) 体力の向上及び健康の保持増進
 
 ◎「島立ち」を踏まえた教育活動の推進
 (1) 保護者や地域と連携協働し、地域教育資源を活用した特色ある教育活動の推進
 (2) キャリア教育の視点を踏まえた望ましい勤労観・職業観の育成
 (3) 海洋教育の推進等による「ふるさと学習」の充実